リンクとか備忘録とか日記とか@pcmgxxx

2005-06-24

[][][] アップデートをしてからadmin画面から新規アカウントの作成ができなくなりました。(XOOPS日本公式サイト - フォーラム)  アップデートをしてからadmin画面から新規アカウントの作成ができなくなりました。(XOOPS日本公式サイト - フォーラム) - リンクとか備忘録とか日記とか@pcmgxxx を含むブックマーク はてなブックマーク -  アップデートをしてからadmin画面から新規アカウントの作成ができなくなりました。(XOOPS日本公式サイト - フォーラム) - リンクとか備忘録とか日記とか@pcmgxxx

XOOPS 2.0.10 JP のバグ(XOOPS日本公式サイト - ニュース)も参照のこと。

つかバグだったのかコレ... 小一時間悩みました...orz

[][][] WebSlave Project(wsproject)0.7.12 に潜む罠  WebSlave Project(wsproject)0.7.12 に潜む罠 - リンクとか備忘録とか日記とか@pcmgxxx を含むブックマーク はてなブックマーク -  WebSlave Project(wsproject)0.7.12 に潜む罠 - リンクとか備忘録とか日記とか@pcmgxxx

  1. 予定を管理するモジュール知りませんか?(1)(XOOPS日本公式サイト - フォーラム)
  2. 予定を管理するモジュール知りませんか?(2)(XOOPS日本公式サイト - フォーラム)
  3. 予定を管理するモジュール知りませんか?(3)(XOOPS日本公式サイト - フォーラム)

wsproject-beta-v.0.7.12.src.zip を解凍するとできるフォルダ名は「wsProject」だが、実際には XOOPS_ROOT/modules/wsproject と「p」が小文字じゃないと動かないしモジュールのインストールもできない。

まったくもって罠そのもの。これまた小一時間悩みました...orz

トラックバック - http://pcmgxxx.g.hatena.ne.jp/vm_converter/20050624

2005-06-22

[][][] Tiger Server検証事始め:その4『Tiger Server+PHP+MySQL+Xoops』  Tiger Server検証事始め:その4『Tiger Server+PHP+MySQL+Xoops』 - リンクとか備忘録とか日記とか@pcmgxxx を含むブックマーク はてなブックマーク -  Tiger Server検証事始め:その4『Tiger Server+PHP+MySQL+Xoops』 - リンクとか備忘録とか日記とか@pcmgxxx

Xoopsを入れてみようと思いまして。Tiger Serverに。

Tiger ServerだとMySQLがちょっと面倒みたいですね。以下、参考情報。

問題としては2つあって、

  • socketのパスが(Tiger Serverにプリインストールの)MySQLとPHPで食い違ってる
  • MySQL 4.0 と 4.1からパスワードハッシュに互換性がないため、接続するクライアント(この場合 Tiger Server にプリインストールのPHP)が対応していないと接続できない

後者は「接続できない*場合がある*」位なのかも。Web Scripter's Meeting のスレッドだと socket のパスを書き換えただけで動いた人もいそうだし。パスワードの文字列長にもよるのかなぁ?? とか。

ま、それは置いといて。

以下に、PHP, MySQL, Xoops と順を追って書いてみよう。

[][] Tiger Server検証事始め:その4−1『PHP』  Tiger Server検証事始め:その4−1『PHP』 - リンクとか備忘録とか日記とか@pcmgxxx を含むブックマーク はてなブックマーク -  Tiger Server検証事始め:その4−1『PHP』 - リンクとか備忘録とか日記とか@pcmgxxx

Server Admin*1上で、該当サーバの「Web」>「Modules」> php4_module を有効に > 「Save」

以上。まぁプリインストールの使うだけだし。

[][][] Tiger Server検証事始め:その4−2『MySQL』  Tiger Server検証事始め:その4−2『MySQL』 - リンクとか備忘録とか日記とか@pcmgxxx を含むブックマーク はてなブックマーク -  Tiger Server検証事始め:その4−2『MySQL』 - リンクとか備忘録とか日記とか@pcmgxxx

これがまた。簡単に行くかと思ったらハマりましたね。トホホ。

以下、すんなり行けるようにまとめたもの。メモ書きレベルなのですんなり行かなくても保証しないですけど。

それと、上のPHPではServer Admin使ってるクセに、MySQLは全部CLIから行きます。

なので、アップル - サーバ - 製品ドキュメント:『Command-Line Administration』(PDF直)の P153〜154を必読。

$ sudo -s

○rootユーザにパスワードを与えたりとか
# mysql_install_db --user=mysql -u mysql
# mysqladmin shutdown
# mysqld_safe --skip-grant-tables --skip-networking --old-passwords &
# mysqladmin -u root flush-privileges password new-password
# mysqladmin -u root password "hogehugahunya"
# mysqladmin -u root -p shutdown

○MySQLを利用できるように
# echo "MYSQL=-YES-" >> /etc/hostconfig

○/etc/my.cnfの用意
# cp /usr/share/mysql/my-medium.cnf /etc/my.cnf
# vi /etc/my.cnf

# diff -u /usr/share/mysql/my-medium.cnf /etc/my.cnf 
--- /usr/share/mysql/my-medium.cnf      2005-03-21 09:16:48.000000000 +0900
+++ /etc/my.cnf 2005-06-23 01:32:45.000000000 +0900
@@ -24,6 +24,8 @@
 
 # The MySQL server
 [mysqld]
+default-character-set=ujis
+old-passwords
 port           = 3306
 socket         = /var/mysql/mysql.sock
 skip-locking
@@ -132,10 +134,12 @@
 #innodb_lock_wait_timeout = 50
 
 [mysqldump]
+default-character-set=ujis
 quick
 max_allowed_packet = 16M
 
 [mysql]
+default-character-set=ujis
 no-auto-rehash
 # Remove the next comment character if you are not familiar with SQL
 #safe-updates

※文字コードをEUCに
※「mysqld」のオプションとして「old-passwords」を指定

○PHPとMySQLでのsocketの不整合修正
# cd /etc
# cp -p php.ini.default php.ini
# vi php.ini

# diff -u php.ini.default php.ini
--- php.ini.default     2005-05-26 06:01:08.000000000 +0900
+++ php.ini     2005-06-23 01:37:41.000000000 +0900
@@ -655,7 +655,7 @@
 
 ; Default socket name for local MySQL connects.  If empty, uses the built-in
 ; MySQL defaults.
-mysql.default_socket =
+mysql.default_socket = /var/mysql/mysql.sock
 
 ; Default host for mysql_connect() (doesn't apply in safe mode).
 mysql.default_host =

○/var/mysqlの権限修正
# chmod 1775 /var/mysql
# ls -ld /var/mysql
drwxrwxr-t   16 mysql  wheel  544 Jun 23 01:22 /var/mysql

○サーバを再起動かけて一服
(´ー`)v-~~~~ ピースライトノパッケージカワッチャッタナー

[][][] Tiger Server検証事始め:その4−3『Xoops』  Tiger Server検証事始め:その4−3『Xoops』 - リンクとか備忘録とか日記とか@pcmgxxx を含むブックマーク はてなブックマーク -  Tiger Server検証事始め:その4−3『Xoops』 - リンクとか備忘録とか日記とか@pcmgxxx

PHPとMySQLが正常に動いていれば、まぁXoopsはすぐ動くんじゃないかと。

とりあえず、Xoops用のDBを作るところから。

$ mysqladmin -u root -p create xoops
Enter password: 

$ mysql -u root -p mysql
Enter password: 
Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or ¥g.
Your MySQL connection id is 4 to server version: 4.1.10a-log

Type 'help;' or '¥h' for help. Type '¥c' to clear the buffer.

mysql> grant all privileges on xoops.*
    -> to xoops@localhost identified by 'hogehugahonyahonya';
Query OK, 0 rows affected (0.60 sec)

mysql> quit
Bye

$ mysql -u xoops -p xoops
Enter password: 
Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or ¥g.
Your MySQL connection id is 5 to server version: 4.1.10a-log

Type 'help;' or '¥h' for help. Type '¥c' to clear the buffer.

mysql> quit
Bye

んでもってXoopsのインストールというか設置というか。

$ curl -O "http://osdn.dl.sourceforge.jp/xoops/15115/xoops-2.0.10-JP.tar.gz"
$ tar xzf xoops-2.0.10-JP.tar.gz

$ cp -rp ./xoops-2.0.10-JP/html/ /Library/WebServer/Documents/xoops
$ ls -l /Library/WebServer/Documents/xoops/
(略)

そしたらブラウザで、http://サーバ/xoops/install/index.php へ。

すぐに、書き込み権限が無いと怒られるので、以下のように。

$ sudo -s
# cd /Library/WebServer/Documents/xoops/
# ls -F

# chmod 777 uploads/ cache/ templates_c/
# chmod 666 mainfile.php 
# ls -ld uploads/ cache/ templates_c/
# ls -l mainfile.php 

一旦ブラウザでインストール作業を終えたら、以下を実行。

# pwd
/Library/WebServer/Documents/xoops

# rm -rf install

# chmod 400 mainfile.php
# chown www:www mainfile.php 
# ls -l mainfile.php 
-r--------   1 www  www  4665 Jun 23 02:43 mainfile.php

まぁ取りあえずはコレでXoopsが動く所までは行けると思う。

ずいぶんと端折って書いてあるけど。

ところで。最後の mainfile.php の権限やオーナー・グループの変更の所ですが。

今回 Tiger Server にXoopsを入れるに当たり、本だのwebのドキュメントだの何だの眺めたんですが、大体は「chmod a-w mainfile.php」とか「chmod 444 mainfile.php」とかしてるだけで、オーナーやグループは変えてなかったりするんですけど、otherな方々に見せる必要ってあるんですかね。mainfile.phpって。

いや、MySQL上に作ったXoopsのDBへの接続パスワードとかそのまま平文で載ってるんで>mainfile.php

どうしたもんかなぁと思って chmod 400 して chown www:www しといたんですけどね。どうなんでしょうね。コレ。

まぁしばらく動かしてみて、問題無ければこのまんま、かな。

追記

そういう意味で言えば、Mac OS X Server 10.4: Issues connecting PHP to MySQL には、/etc/my.cnf の socket のパスを /tmp/mysql.sock にするより、/etc/php.ini を用意して mysql.default_socket = /var/mysql/mysql.sock にした方が*安全だ*と書いてあるのに、何故かMacな方々は /etc/my.cnf で /tmp/mysql.sock にする傾向が有る様な気がしますね。

どうしてわざわざ安全じゃない方を選ぶのかしらん。まぁいーけど。

*1:日本語環境だと「サーバ管理」かな?

shiroshiro2005/09/24 04:51どうしてわざわざって...単に「安全性について評価する能力がない」だけかと(^^;

トラックバック - http://pcmgxxx.g.hatena.ne.jp/vm_converter/20050622

2005-06-20

[][] Tiger Server検証事始め:その3『launchd とか launchctl とか』  Tiger Server検証事始め:その3『launchd とか launchctl とか』 - リンクとか備忘録とか日記とか@pcmgxxx を含むブックマーク はてなブックマーク -  Tiger Server検証事始め:その3『launchd とか launchctl とか』 - リンクとか備忘録とか日記とか@pcmgxxx

追記:以下は間違ってるので shiroさんのコメント を必ず読んで下さい。

sshd_config を編集して、取り急ぎ

# diff -U0 sshd_config.bak sshd_config
--- sshd_config.bak     2005-06-11 00:18:36.000000000 +0900
+++ sshd_config 2005-06-20 23:37:14.000000000 +0900
@@ -36 +36 @@
-#PermitRootLogin yes
+PermitRootLogin no
@@ -54 +54 @@
-#PasswordAuthentication yes
+PasswordAuthentication no

とだけして… ハタと。「そういや、Tigerからlaunchdだったんだっけ(汗」となる。

Pantherの頃は、

sudo kill -HUP `cat /var/run/xinetd.pid`

とやってたんだが、きっとそうも行くまいと調べると、やはりそうも行かないようで。

取り急ぎ、以下のように実行。

$ sudo -s
# launchctl stop com.openssh.sshd
# launchctl start com.openssh.sshd

しかし、リモートからsshで入ってる時に「stop」とやるのはやはり心臓に悪い。

以下、自分用メモURL。後で読んどけ>オレ

んー、しかしこりゃまた、Command-Line Administration 読まないとダメそうだなぁ。んー。

# とか書くと、とある人に「基本だろ。基本。」とか言われそうでアレ。

shiroshiro2005/06/21 10:35OS X の場合、sshd_config の設定変更後にsshdサービスを再起動する必要はありませんよ。何故って、22番ポートを見張っているのは xinetd(10.3) か launchd (10.4)な訳で、接続がある度に sshd は起動されるからです。

vm_convertervm_converter2005/06/21 11:52がふーん… orz
いつも有難うございます>shiroさん

shiroshiro2005/06/22 09:21いえいえ(^^;
通常は standalone の sshd が 22番を待ちうけしますからねぇ。on demand な起動は乱数の取得や暗号用の計算でCPUパワーを使うから避けるべきと昔は言われていたのですが、今の Mac だともはやさして差異がないので利便性の高い on demand になっちまったところがあります、はい。
あと、10.4 以降では起動時間の短縮やデーモン間のポートなどのリソースの重複に対する調停などもあって起動時にしか動かない StartupItems ではなく launchd の LaunchDaemons を使う事が推奨されてます。これまた UNIX 的作法とは大きく違ってくるのですが、利便性から言えば明らかに上ですので、すかっと SystemStarter の事は忘れてしまうのもいいかも知れません。
こうしたOS X の動きを見てると、これまでも密やかになされていた(UNIX的常識を越えた)「一歩先へ」という OS X の方向性がようやく Tiger で日の目をみるというかはっきりしてきたというか、てな気はします(^^;

トラックバック - http://pcmgxxx.g.hatena.ne.jp/vm_converter/20050620

2005-06-16

[][][] Mac OS X で気楽に「安全に消去」  Mac OS X で気楽に「安全に消去」 - リンクとか備忘録とか日記とか@pcmgxxx を含むブックマーク はてなブックマーク -  Mac OS X で気楽に「安全に消去」 - リンクとか備忘録とか日記とか@pcmgxxx

以前、極楽せきゅあ日記 で『完全削除のメモ』 というエントリーがありましたが、私はこんな風にやってるってのを書いておこうかと。

いや、実は去年からずっとやってたんだけど、最近 Tiger のクライアント版/サーバ版ともに検証を始めた関係で諸々Pantherの頃からの引き継ぎセットアップ中なので。ついでに。

なんて、一言で言うと、OnMyCommand を使って、選択したファイル/ディレクトリを srm -rm してるってだけなんですけどね。

  • 対象物をゴミ箱にぶち込んで、Finderでメニューから「Secure Empty Trash」*1する
  • 対象物を、Terminalから srm -m hoge とかする

よりは気楽にできるんで、個人的にはおすすめだと思います。

そんな訳で、OnMyCommand 1.7b1 はとりあえずMac OS X 10.4.1でも動いてますね。

以下 > 誰となく

以下の設定はスクリーンショットを参照のこと。OnMyCommand自体のインストールは... 付属のドキュメントを読むなりググるなりして下さい。

# ってゆー、素っ気ない説明でおしまい。:-)

以下、追記。

んー、画像をつけてみたものの。拡大して見れないのね...。

さらに追記。

http://f.hatena.ne.jp/vm_converter/20050616234127

度々追記。

ってゆーか。あの時、「koguleさんがコメントしてる からOnMyCommandの件を投げよう」と思っていて忘れてたのでした ... orz

そんな訳で私は、GUIで作業中は右クリックしてsrm、CLIで作業中はフツーにsrm、してます。

[][][] Tiger Server検証事始め:その1  Tiger Server検証事始め:その1 - リンクとか備忘録とか日記とか@pcmgxxx を含むブックマーク はてなブックマーク -  Tiger Server検証事始め:その1 - リンクとか備忘録とか日記とか@pcmgxxx

そんな訳で上述の通り、Tigerのクライアント版/サーバ版ともに検証を始めた訳ですが。

Mac OS X Server 10.4.1をMac miniで稼働させてます。ま、検証機だからminiで十分でしょう。

用途によっては本番稼働もminiでやらせるモノもある予定だし。

で、Mac OS X Server 10.4 をインストール後に、

  1. Active Directoryにぶら下げて、
  2. Weblogサーバ立ち上げて、
  3. WebDAV(をとりあえずBasic認証で)立ち上げて、

ってトコまでやったけど、やっぱ激しく楽チンだわ。Mac OS X Serverは。

ってゆーか、apple_auth_module*2があるから楽なんだけど。

ADにぶら下げてるから、結果的に全社員で使えるブログサーバ兼WebDAVサーバができてる*3訳なんだけど、コレ、慣れると

  1. Mac miniにMac OS X Serverをインストール
  2. 基本設定+ソフトウェアアップデート
  3. 上記の設定

まで1時間程度で行けるんじゃないかなぁ。ってゆーか、その1時間の内、実際の設定は10〜15分位の感じだなぁ。

まぁ、標準添付の blojsom だと「貧弱だなぁ」思ったりして、結局他のブログツール入れるハメになりそうだけど。

WebDAVの方は、取り急ぎWindows 2000 Proの端末から、ファイル名に半角カナだの機種依存文字だの化けそうなの使いまくりなのを幾つかアップロード/ダウンロードしたり、それをMac OS Xで眺めてみたりしたけど、サクっと見た限りは問題無いみたい。

あぁでも、WebDAV上のMS Accessのファイルをダブルクリックしても上手く開けないってのがあったか。

ま、私的にはどうでもいーっつーか。いや、仕事上は大きな問題なんだけど(笑

[][][] Tiger Server検証事始め:その2  Tiger Server検証事始め:その2 - リンクとか備忘録とか日記とか@pcmgxxx を含むブックマーク はてなブックマーク -  Tiger Server検証事始め:その2 - リンクとか備忘録とか日記とか@pcmgxxx

上記の説明には一つだけウソが有って(笑

実際には、Mac OS X Server 10.4のインストール直後に Osiris の version 4.1.8 をインストールしてます。

クライアント版の10.4でビルドしたバイナリをサーバに持っていってインストールしたんですけど。

セキュリティの観点からインストールしたってゆーよりは、

  • セットアップしていくに従って変更されるファイルやらは何じゃろね。
  • まぁセットアップ中でなく平常時にOSが何してるか知りたいし。
  • つか10.4.1でも「まだまだ」だし。何か有った時の原因究明の補助も必要だよね。

位の気持ちでインストールしてます。

結果、ホストベースのIDSをこんな感じで使うってのもアリだなぁと思ってます。色んなコトが解って結構面白いです。

osirisの設定は以下な感じ。一部伏せてますが。

osiris-4.1.8-release: print-mhost-config

[ management config (127.0.0.1) ]

syslog_facility = DAEMON
control_port = 2266
http_port = 2267
http_host = 000.000.000.000
notify_email = osiris@example.com
notify_app =
notify_smtp_host = 000.000.000.000
notify_smtp_port = 25
hosts_directory =
allow = 127.0.0.1
allow = 000.000.000.000
allow = 000.000.000.000


osiris-4.1.8-release: print-host-config hoge

[ host config (hoge) ]

host = 000.000.000.000
description = hoge
type = generic
enabled = yes
notify_enabled = yes
notify_flags = 5
notify_email =
session_key = 0000000000000000000000000000000000000000
base_db = 64
log_to_file = yes
schedule_start = 1118329692
schedule_period = 30
db_flags = 6
port = 2265
config =


osiris-4.1.8-release: host-details hoge

[ host details for: (hoge) ]

  enabled          : yes
  hostname/IP      : 192.168.0.0
  configs          : 0
  databases        : 2
  host type        : generic
  log files        : yes
  archive scans    : no
  auto accept      : yes
  purge databases  : yes
  notify enabled   : yes
  notify always    : no
  notify on rekey  : yes
  notify scan fail : yes
  notify email     : (management config)
  scans start      : Fri Jun 10 00:08:12 2005
  scan period      : every 30 minutes
  base DB          : 64
  agent port       : 2265
  description      : hoge

osiris-4.1.8-release: print-config default.darwin

 config name:  default.darwin
          ID:  0a1b019c
      status:  valid
      errors:  0
    warnings:  0
       lines:  57

-------- begin config file --------

# Default Configuration for Mac OS X.
Recursive   no
FollowLinks no
IncludeAll
Hash md5
<System>
Include mod_users
Include mod_groups
Include mod_kmods
</System>
<Directory />
Recursive no
Include file( "mach_kernel" )
</Directory>
<Directory /private/var/root>
Recursive yes
Include executable
</Directory>
<Directory /bin>
IncludeAll
</Directory>
<Directory /usr/bin>
IncludeAll
</Directory>
<Directory /usr/local/bin>
IncludeAll
</Directory>
<Directory /usr/local/sbin>
IncludeAll
</Directory>
<Directory /sbin>
IncludeAll
</Directory>
<Directory /usr/sbin>
IncludeAll
</Directory>
<Directory /System>
Recursive yes
IncludeAll
</Directory>
<Directory /Applications>
Recursive yes
IncludeAll
</Directory>
<Directory /Library>
Recursive yes
IncludeAll
</Directory>
<Directory /Users>
Recursive yes
IncludeAll
</Directory>
<Directory /etc>
Recursive yes
IncludeAll
</Directory>
# EOF

--------  end config file  --------

osiris-4.1.8-release: 

まぁその。/System, /Applications, /Library, /Users, /etc 辺りまで再帰的に見てる上に 30 分に一回スキャンかけてるってゆー、Mac mini にはちょっと辛そうな状態ですが。

*1:日本語環境でどうメニューに表記されてるか忘れました。ごめんなさい。

*2:だっけ?正確な名前忘れた...

*3:もちろん検証機を全社員に公開なんてしてませんのでご安心を>誰となく

こじまこじま2005/06/17 01:57私は tripwire-portable を使ってます。

vm_convertervm_converter2005/06/17 03:17Tripwire(tm) Patchesのサイトはしばらく前から知ってはいたんですが、どうも使うのを躊躇しちゃうんですよね。> Tripwire やはりマカーには敷居が高いと感じるというか、触ったことも無いのに言うのもアレですが、インストールから設定までがちょっと面倒くさそうというか…。
レポートの見易さとかは圧倒的にTripwireの方が良いとは思うんですが。<http://www.itmedia.co.jp/help/howto/security/trip/03/index.html> など見る限りは。
ただ何というか、セキュリティ系のエンジニアでもない私のようなナンチャッテな人は、Osirisだと取りあえず入れとけって気になれる位には初期設定が楽だというか。
それと、Osirisって公式サイトのドキュメント(http://www.hostintegrity.com/osiris/handbook.html)内で使われているhost名が「mac-ibook」であることからも解るように、Mac OS Xで安心して使えるんですよね。そのドキュメントの末尾にあるように、リソースフォークも一応見てくれたりしますし。Tigerから cp, mv, tar, rsync 辺りがリソースフォークの扱いもサポートしてる <http://pcweb.mycom.co.jp/special/2005/tiger/013.html> んで、Osiris の方が検証にはより好ましかったりする事情も有ったりします。
その割には、個人的にFreeBSD 5.3RとDebian woodyとでさらっと使ってた感触からも、「portable」だなぁと思えますし。
でも、参考文献の数は圧倒的にTripwireの方が多いですから、あんまり他人には勧められないかもしれませんね。> Osiris

tomnekotomneko2005/06/17 04:49何かのアプリケーションでファイルを更新すると、たいていはHDDの違う領域に更新後のデータが書き込まれますね。ですから、更新されたファイルは「確実にゴミ箱を空にする」では本当に完全な消去にならないんですが、「確実」って言葉で安心してしまう人がけっこういるんじゃないかと思います。って、わたしは最近やっと気がついたのですけど。(「Secure Empty Trash」のSecureもくせもの)

shiroshiro2005/06/17 08:42「確実にゴミ箱を空にする」です。
あと、jerm の時も minicom とか tip に比べれば無名でした。けど、何かいいところのあるツールはきっとみんな分かってくれますから、多数派に流れる必要はないですよ。てか多数派に流れるならそもそも OS X / OS X S をすすめる事自体が(ry

トラックバック - http://pcmgxxx.g.hatena.ne.jp/vm_converter/20050616

2005-06-08

[][][][] LANDesk Softwareが、管理コンソールのMac OS X ‘Tiger’のサポートを発表  LANDesk Softwareが、管理コンソールのMac OS X ‘Tiger’のサポートを発表 - リンクとか備忘録とか日記とか@pcmgxxx を含むブックマーク はてなブックマーク -  LANDesk Softwareが、管理コンソールのMac OS X ‘Tiger’のサポートを発表 - リンクとか備忘録とか日記とか@pcmgxxx

LANDesk Management Suite 8: Mac対応 も併せて参照のこと。

Mac OS X 対応のインベントリツールって他に有るんでしょうかね。

いや、NetBootやNetwork Login環境とかARDとかである程度はできるのは解ってるんですけど。

追記:LANDesk® の ® を入れると化けるんで、上記では抜いてます。

インベントリに関しては、 資産管理ツール/キーマンズネット が解りやすいみたい。

vm_convertervm_converter2005/06/08 23:02あらら。化け化けだ。

トラックバック - http://pcmgxxx.g.hatena.ne.jp/vm_converter/20050608